1. TOP
  2. オウンドメディアを活用できる企業

オウンドメディアを活用できる企業

マーケティング済み

私は、マーケティングをしっかりやっている会社なら、オウンドメディアを活用できる可能性は高いと思います。 ちゃんと広告も出して、ビジネスモデルもできていて、メールのフォローもやってる場合ですね。


極端に考えてみましょう。 あなたの近所の歯医者さんが、ネット集客を一切やったことないのに、「オウンドメディアが良いって聞いたんだけど」と相談してきた場合。 いや、先にやることがあるんじゃない?って思いますよね。


歯に関するお役立ち情報をギッシリ載せてページビューを稼ぐのはすごいことです。 でもそれより、PPC広告でも出した方が患者さんは集まるし簡単でしょう。 一生懸命まとめ記事を作るよりも、早く安く確実に集客できます。


このように先にやるべきことがあるのならば、オウンドメディアはまだ早いと思うのです。 広告は費用がかかる・・・ と尻込みする方もいるのですが、社長がブログを書くのに1時間かけたら、安くても5000円のコストですから。


優先順位はとても大切なことです。



広告費が高騰

リスティング広告でやってるけど、広告費が高い。 こんな場合もオウンドメディアに向いているかもしれません。 でもリスティングの場合もしっかりとディスプレイ広告やメールでのフォローをやっていることが前提です。


オウンドメディアで効果的なのは、いわゆる「まだまだ客」、「そのうち客」ですので、しっかりと教育できるコンテンツを提供することも必要になってきます。 一般の業種であればあるほど、ページビューを稼げるおもしろネタなどでは、なかなか成果に結びつけるのは難しいでしょう。


例えば脱毛サロンへの集客。「脱毛サロン」系の広告は高いので、「むだ毛処理方法」の情報を提供して見込み客を集める。そしてそのうち一部に来店してもらうようなパターンですね。


特に美容業界のように、自分でできる方法を探すユーザーが多いジャンルほど、オウンドメディアでも集客しやすく、販売できる商品が多くなります。


そう考えるとアフィリエイトのように、売るべき商品に成約がなかったり、既存のビジネスに組み込んでしまうような発想が必要でしょう。


一般のお店では提供できる商品やサービスに制約があるので、あまり活用できないと思います。 ほとんどの場合、ネット広告を出せば事足りてしまいますので。




高度なスキルと情熱

一番ハードルが高いと思われるのがスキルの問題でしょう。 成功例を見ても、前提として高度なスキルがあったり、情熱を持った担当者がいる場合が多く見受けられます。


つまり、広告費が高いから・・・ SEOがうまくいかないから・・・ なんとなくかっこいいから・・・ という理由で取り組んでも成功できる可能性は低いでしょう。


スキルに関してはオウンドメディアの制作業者や、制作を請け負ってくれる制作会社に依頼することでクリアできるでしょう。 でも深刻なのは運営です。 担当者にやる気がなかったり、お客さんに役立つコンテンツを提供できなかったり、コミュニケーションをとれなかったりするのが普通です。


スキルはいいとして情熱。1つめは読者目線での作成ですね。 これは例えば広報ならツイッターを運営させて、「ふぁぼ」(いいね)の数がチェックになるでしょう。 毎日投稿しているのに「ふぁぼ」が搗かないとういことは、相手にとって価値のないツイートだからです。


フェイスブック、LINE、インスタグラムも同様ですね。 一般の人の反応が得られないようであれば、オウンドメディアでも反応を得るのは難しいのは当たり前です。


今どきブログは誰でも書けますが、反応を得られるブログを書ける人は少数です。 もし反応を得られる担当者がいなければ、担当者の育成からコツコツ始めるしかありません。


こう見ていくと、やはりオウンドメディアで成功されているところは、成功するだけの要素があるものだなぁ。と感心してしまいますね。

\ SNSでシェアしよう! /

オウンドメディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オウンドメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

kuwanokazuya

この人が書いた記事  記事一覧

  • 効果測定

    絶対に失敗しないオウンドメディアもどき

  • NO IMAGE

    オウンドメディアは雑誌と例えるとイメージしやすい

  • NO IMAGE

    オウンドメディアを活用できる企業

  • オウンドメディアとは

関連記事

  • オウンドメディアとは

  • 効果測定

    絶対に失敗しないオウンドメディアもどき

  • NO IMAGE

    オウンドメディアは雑誌と例えるとイメージしやすい